NEWS

2019年02月14日

映画『The Knight of Shadows: Between Yin and Yang』~ジャッキー・チェン、再び20代へ~

Knight%20of%20Shadows1%20poster%20foton%20HP.png

監督:Vash
脚本:Boham Liu
Exec. プロデューサー:ジャッキー・チェン
プロデューサー:Kiefer Liu (Agan)


2019年2月5日、春節を迎えた中国で、最新のジャッキー映画が公開されました。
この映画の中でフォートンの動画レタッチ、「Age Reduction VFX」(動画の若返り技術)が採用されています。


この映画の制作にはジャッキー・チェン自らの会社を含む Golden Shore Films & Television, Sparkle Roll Media, iQIYI Motion Pictures等の制作会社が参加しており、中国国内だけで約8000劇場以上、その他にベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ等の東南アジア各地でも公開されました。


knight%20of%20shadows2%20foton%20HP.png

「現在のジャッキー・チェン(64歳)を20歳代へ若返らせたい」


俳優ジャッキー・チェンはすでに20代の頃から世界的アクションスターとして知られ、今でも世界中に当時からの熱狂的なファンベースを保ちながら活躍しているため、今回の作業は非常に高度かつ繊細な技術を要するものでした。


フォートンでは独自の「Age Reduction VFX」を用い、単に被写体をより若く表現するだけでなく実際に若かった頃の顔を詳細に分析し、被写体がまさにタイムスリップしたかのような作業を手がけており、更なる技術開発を進めています。


(完成映像は後日公開予定です。)
こちらの映像は、一切の特殊メイク無しでAge Reduction VFXを施したジャッキーが20歳まで若返っています。

中国映画『So Long, My Son』~ベルリン国際映画祭、金の熊賞ノミネート~

DJTC%20poster%20foton%20HP.png

若返り技術「Age Reduction VFX」で参加しております。

今回、我々が「Age Reduction VFX」若返り技術で参加した王小帅(WANG Xiao Shuai)監督作品
『So Long, My Son』が2019年ベルリン国際映画祭のBest Film(最優秀作品)部門で金の熊賞に
ノミネートされました。


Director%20WANG%20foton%20HP.png王小帅(WANG Xiao Shuai)監督
(img Src: https://www.imdb.com/name/nm0911075/mediaviewer/rm2627798784)


プロデューサー、脚本家及び俳優としても活躍している王監督はカンヌ国際映画祭の審査員賞をはじめ、芸術文化勲章のシュヴァリエ、ベルリン国際映画祭では銀の熊賞を2度受賞。


今回がベルリン国際映画祭で3度目のノミネートとなり、
世界で最も注目されている映画監督の一人です。