NEWS

2011年06月20日

4K・HD movie retouching techniques 


フォートンのレタッチャーが満足のいくレベルで、動画にレタッチワークを施せないか?

これまで動画レタッチで使用されてきたプラグインやフィルターワークによる
「ボカすことを前提」とした技術ではなく、
今まで、私たちがあたりまえとしてきた「素材の質感を活かした、肌のキメを活かした」
本物の動画のレタッチ技術を開発できないか?

その思いをずっと持ち続けてきました。

構想自体は10年以上前からですから、
ずいぶんと長い時を経て、ようやく満足のいくレベルの開発をすることができました。

【vimeo】  http://vimeo.com/channels/189220
【YouTube】 http://www.youtube.com/user/foton1988


youtube.jpg
元素材は、REDONE Mysterium-Xセンサー版で撮影された4Kデータです。(HDで収録されたものもあります)
4Kデータを縮小や圧縮せずにレタッチワークを行っています。

2011年6月後半から7月にかけて開催された「アドビデジタルフォト&デザインセミナー」の東京会場では、アストロデザインさんのご協力で、4Kモニターでの展示を行いました

2011年06月13日

デジタルサイネージジャパン2011

6月8・9・10日に幕張で開催されたデジタルサイネージジャパン2011のシャープ(株)のブースで、フォートン代表の甲斐彰の作品「フービズム」と、モーションチームの新作が展示されました。
縦組み3×3計9面のモニターは天地が4mの大きさ。
センターの縦3面×4面や横一列9面など、マルチモニター全36面いっぱいに作品が映し出されて壮観でした。
 
dsj2011-hoobism.jpg

今回のモニターは新しく発表されたばかりの「高輝度」ディスプレイ。白が白く、黒が黒く、発色の美しいディスプレイは、コルトンに匹敵するクオリティを感じさせてくれました。

このシャープ(株)のブースが、デジタルサイネージによる巧みな演出手法を行っているブースを表彰する「DSJ 2011 ブース アワード」でグランプリを獲得しました。
 
dsj2011-motion1.jpg